MENU

女性ホルモンを乱さないで、眉毛を生やす!

無い眉毛を生やす時の問題点は内側にもひそんでいます。
それが女性ホルモンの乱れという実態です。

 

目には見えない内側のことでありますので、本人がなかなか気が付きにくい難しい部分はありますが、
体内のホルモンがアンバランスな状態は、脱毛という形状でSOSを発信してくることがあります。

 

しかしこれは、正しい心がけをしますと、改善できるものでありますので、心配しすぎず眉毛を生やす方法に取り組むのが先決です。

 

女性ホルモンを増やす(乱さない)食べ物

まず女性ホルモンを乱さない為には、栄養バランスのよい食事を心がけること、規則正しい生活を送ることなど、日常生活を規則正しくおくるというのが重要な項目になってきます。

 

すごく忙しい日々を送っているのが、現代の日本人のライフスタイルですから、不規則な生活が続くことはあるでしょう。しかしここは眉毛のことと、健康のことも考えて、生活を健康的なものへとリセットしたほうが、明るい未来が待ち構えていることは、もはや言うまでもないでしょう。

 

  • 豆腐や納豆、豆乳などの大豆イソフラボン(1日の摂取量は約70mg)
  • カボチャ、アボカド、前茶、アーモンド、モロヘイヤ、大根の葉などのビタミンE
  • マグロ、カツオなどのビタミンB6
  • 卵(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6など)
  • ココナッツオイルのラウリン酸

 

女性ホルモンを増やす方法は、本当に身近なことをただしていくという、お金もかからないことばかりです。

 

体内ホルモンを活性化できるような、健康にも良い食材を、日々の食事に入れていきましょう。

 

身体を冷やさない

身体を温めることも重要項目でありますので、
シャワーではなくお風呂に浸かる習慣をつけたほうがいいです。

 

半身浴などは良いとされていますが、大切は人それぞれになりますので
入浴後の具合をみて取り組むようにしましょう。

 

お風呂場が寒いと半身浴でも冷えの原因になります。
>>>ストレスホルモンを減らして眉毛を生やす方法

 

抜きすぎたり、剃りすぎたりして眉毛がなくなった時には、本人的にはかなり焦りますよね。

 

 

あまり目立ちにくいパーツかと思いきや、眉毛は人から見たらかなり目立ちます。
そこでまずトライをするのは、眉毛育毛剤などの利用でしょう。

 

 

こうした商品は、今では簡単に入手ができますので、購入をして使うという手段もあります。
塗ったら一瞬で眉毛が生えてくるものではないですから、地道に眉毛の成長を心待ちにしまして、毎日のスキン化で眉毛育毛剤は塗布をすることを続けましょう。

 

清潔な肌状態での使用が好ましいので、洗顔後の汚れのない状態で使うといいです。

 

>>>太眉を目指す【安心成分】眉毛育毛剤&美容液トップ9

 

<スポンサーリンク>