MENU

刺激の違い?

まつ毛育毛剤眉毛育毛剤の違いについてまとめました!


 

最近は太い眉毛を好む人も多いので、自前の眉を増やす効果のある育毛剤も販売されるようになっています。

 

同じくまつ毛に関してもパッチリと大きな目に見えるように、まつ毛を長くするまつ毛育毛剤も販売されています。

 

 

それぞれを揃えるのにお金がかかるので、眉毛育毛剤をまつ毛育毛剤に使っている人も少なくありません。

 

 

眉毛用の育毛剤とまつ毛用の育毛剤は、どちらも毛を育てるという効果を持っています。

 

似た効果を持っていますが、2種類の育毛剤には多少の違いがあるのです。

 

それは、刺激の面に関してとなります。

 

眉毛用とまつ毛用の育毛剤は毛に弾力を出して丈夫にする成分、毛根の皮膚の血流を活性化させる成分、毛が育ちやすくなる成分が配合されています。

 

 

配合されている成分に、これといって大きな違いはありません。

 

 

毛を増やすには毛根を強くして皮膚の血流活性化で栄養が届くようにし、毛が育ちやすくなる環境にすることが必要です。

 

 

2種類の育毛剤は使うと、その成分の働きによって毛が増えるようになります。

 

 

毛を育てる成分は類似したものが配合されていますが、眉毛用と比較してまつ毛用は粘膜を刺激しない優しい成分が含まれています。

 

 

まつ毛育毛剤は皮膚や粘膜を刺激しない低刺激であることが、育毛剤との大きな違いとなるのです。

 

 

眉用の育毛剤よりもまつ毛育毛剤の方が刺激が少ないということなら、育毛剤をまつ毛に使ってはいけないのかというと心配は無用です。

 

 

まつ毛育毛剤は目に入る危険性があるため、それを配慮して眼球が傷つかないように刺激しない成分が使われています。

 

眉毛はまつ毛用ほど低刺激にはなっていませんが、皮膚につけるものなので体に安全であるように作られています。

 

 

眉毛用とまつ毛用を兼用していた人は、そのまま使い続けても大丈夫です。

 

 

ただし、眉毛用の育毛剤をまつ毛につける際には、目の中に入らないように丁寧に塗るようにしましょう。

 

 

眉毛とまつ毛の育毛剤をより安全に一つで兼用したいと思う人は、最初から兼用として売られている育毛剤を購入することをおすすめします。

 

 

メーカーの中には眉毛用育毛剤であってもまつ毛に使用することも勧めている所があるので、そのメーカーから販売されている兼用可能な育毛剤を使ってみるのが良いです。

 

 

兼用タイプは眉毛とまつ毛につけても問題ないよう開発されているので、他の眉毛・まつ毛育毛剤よりも体に負担がないので適しています。

<スポンサーリンク>