MENU

自宅にあるもので眉毛を伸ばす

眉毛はその人の第一印象を裏付ける重要な役割をする部位でもあるため、しっかりと整った眉毛を手に入れたいと思っている人は多いことでしょう。

 

そこで、眉毛を伸ばす効果と副作用について考えてみましょう。

 

ワセリンの眉毛育毛効果と副作用


保湿効果に優れ皮膚への負担も少ないとされるワセリンは眉毛を生やすのに有効な手段とされていますが、副作用としては脂分が多い分たくさんつけすぎてしまうと酸化してニキビや吹き出物も元となるので気を付けた方が良いと言えます。

 

ニベアの眉毛育毛効果と副作用


ワセリンよりもスクワランやホホバ油など栄養成分が配合されているので保湿効果も高いです。塗り過ぎなければ副作用はほぼ無いとされます。

 


リップバームには様々な栄養素が含まれていることからそれが眉毛を生やすのに効果があるとされていますが、もともと眉毛を生やすために作られたわけではないので、リップバームに含まれた薬用成分が皮膚の炎症につながったり荒れたりすることが考えられます。

 

馬油の眉毛育毛効果と副作用


昔から美容効果があるとして使用されてきた動物性のオイルであり、眉毛の発育に効果的だとされていますが、副作用として眉毛に塗った後はてかてかになるのですぐに外出するのは難しいとされています。

ヒマシ油の眉毛育毛効果と副作用


カスターオイルとも呼ばれビタミンやたんぱく質の他に抗酸化作用があることで眉毛の育毛をサポートしてくれる作用がありますが、かゆみや湿疹が出る場合もあるのでそれらの症状が出たら直ちに使用を中止するのが良いとされています。

 

卵の黄身の眉毛育毛効果と副作用


卵の黄身は完全色であり体毛の原料となるたんぱく質を多く含んでいることから眉毛の発育にも期待できるとされていますが副作用として卵アレルギーの人はかゆみや腫れなどのアレルギー症状を起こすことがあるので使用を控えた方が良いと言えます。

 


一時期非常に流行ってお店でも売り切れだったことが多いココナッツも眉毛の育毛に期待ができるとされている成分ですが、副作用としては場合によってアレルギー反応がおこったり毛穴が詰まるのでニキビや黒ずみの原因となることがあります。

 

アロエの眉毛育毛効果と副作用


アロエにはそもそもやけどなどの炎症を抑えたり美肌効果があるとされていますが、新鮮なアロエの葉っぱの汁や果肉を眉毛に刷り込むと眉毛の育毛に有効だとされていますが、副作用として体を冷やす作用があるので冷え性の人は様子を見ながら使用するのが良いと言えます。

 

フェヌグリークの眉毛育毛効果と副作用


フェヌグリーク自体があまり日本においてなじみがないとされていますが、調味料の一種で皮膚の炎症を抑える効果があることから眉毛の育毛に効果的だとされており、副作用としては体質的に合わないと皮膚反応を起こすことがあるようです。

 

 

このように、眉毛を生やす方法には様々なものがありますので、
まずは自分にはどんな方法が適しているのか試してみることをおすすめします。

 

 

体質に合わない場合には無理に使用せずにほかの方法を試して眉毛の発育に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

上記はあくまで民間療法的な眉毛を生やす方法です。
出来る限りピンポイントで眉毛を復活させるのであれば眉毛育毛剤や眉毛美容液が良いですね。
>>>売れている眉毛育毛剤(美容液)一覧

 

<スポンサーリンク>